頭皮 赤い

赤い頭皮の治し方について

頭皮が赤いのはいろいろな原因がありますが、だいたい3つに分かれます。
原因によって対策が違ってくるので注意が必要です。

 

頭皮の血行不良が原因の場合

 

頭皮の血流の流れがよくない場合に頭皮が赤くなります。頭皮の血流が正常な場合は、頭皮の色が青白い色か白に近い色になります。
この場合は、頭皮の血行を促せるような週間を付けるのが改善の近道になります。
主な方法は次の通り。

 

  • 有酸素運動をして体全体の温度を上げる
  • 頭皮のマッサージをして頭皮全体を柔らかくして、血流が流れやすい状態にする
  • 育毛剤を使う

 

有酸素運動をして体全体の温度を上げる

主にランニング、サイクリング、水泳といった有酸素運動をすることで頭皮の体温を上げることができます。
三日坊主に人はなかなかつらいかもしれませんが、運動を習慣化することで体の体調もよくなるので一石二鳥でしょう。

 

頭皮のマッサージをして頭皮全体を柔らかくして、血流が流れやすい状態にする

毎日定期的に頭皮をマッサージすることで、頭皮を常に柔らかい状態にして血流を流れやすくします。
運動不足の人の体がカチカチなのと一緒で、動かさない頭皮はどんどん固まっていきます。
そもそも頭皮は普段生活するなかで動かすことは、ほとんどない部位ですので、人の手でマッサージすることでしか動かすことができません。

 

人の頭皮は年齢とともに下に垂れてくるため、頭頂部の血流が年齢とともに悪くなっていきます。
マッサージのコツとしては、横や後ろの頭皮を頭頂部へ集めるようにして下から上にグイグイ押し上げることです。

 

育毛剤を使う

育毛剤は抜け毛を防いだり、発毛を促進させるために様々な頭皮の血流を促進させる成分が配合される宝庫です。
また、頭皮につけて軽くマッサージをするだけで効果があるため、ハードルが低いのも魅力的です。
頭皮が赤い人は、薄毛に悩んでいることも多く、頭皮の色を白くして、薄毛も改善できるため一石二鳥の効果が期待できます。

 

脂漏性皮膚の場合

脂漏性皮膚の場合で頭皮が赤くなることもあります。

 

頭皮の血流が悪い症状との見分け方としては、脂漏性皮膚の人は頭皮だけでなく顔のTゾーンも一緒に赤くなることです。
脂漏性皮膚は主に皮膚科で治療を行うのが主流で、外用薬やビオチン治療などで改善できます。

 

アトピーの場合

これも頭皮が赤くなる原因のひとつです。
アトピーで頭皮が赤くなる場合の特徴としては、頭皮全体が赤くなるわけではなく、一部分のみ赤くなったりするのが特徴です。
アトピーの治療はなかなか根気がいりますが、まずはお医者さんで相談してみましょう。

page top