大学生 育毛剤

薄毛、AGAに高い治療費が必要と思っていませんか。自宅でできる薄毛、AGA対策。

今ではすっかり浸透してきたAGA(男性型脱毛症)という言葉ですが、実際AGA治療を行うと、思ってた以上に費用がかかることにびっくりせざるおえません。
薄毛、AGAは40、50代ぐらいのおじさんの悩みと思われがちですが、今では10代、20代の若い世代にまで薄毛、AGAで悩む人が増えています。
毎月安定した給料が入ってくる社会人ならともかく、高校生、大学生などの学生では毎月の支払を行うほどの財力はない人がほとんどでしょう。

 

ここでは、AGA治療を自宅でも安く行う方法を紹介します。

 

よく薄毛、AGAはお医者さんに相談だってCMで流れてますが、実際費用はいくらかかるのでしょうか?

 

まず、AGA治療に対応している病院(たいてい皮膚科が多いです)にAGA、薄毛の相談にいくとプロペシアが処方されます。これは、実際薄毛の進行具合がどのくらいかによらず、患者本人が希望すれば処方されることがほとんどです。そして、薄毛の進行が大きいかたはプロペシアと一緒にミノキシジルというあたまに塗る塗り薬(育毛剤)が処方されます。

 

薄毛といっても、周りからみたらまだ髪があると感じられる人には、髪を脱毛させる男性ホルモンを抑制するプロペシアのみ。周りから見ても明らかに薄毛だと分かる程度ならプロペシアと頭皮の血行を強力によくするミノキシジルの両方が処方されます。
では、気になるお値段ですが、薄毛、AGA治療には保険は適用されませんので、患者が全額負担することになります。

 

■プロペシア(一ヶ月分):約10,000円
■ミノキシジル(一ヶ月分):約5,000円

 

十分な治療を行うには毎月約15.000円が必要ということです。

 

しかも、薬が切れたらそのたびに病院にいって診察を受けて処方を受けて購入というのを繰り返します。

 

自宅でできる費用を抑えた薄毛、AGA対策とは?

 

毎月15.000円の費用はかなり苦しいと思うかたは少なくないでしょう。
じつは、このAGA治療、今は育毛剤だけできる方法があります。

 

育毛剤は一昔前はただ、頭皮の血行をよくするとうたう、安価な育毛剤しかありませんでしたが、今ではAGAの原因である男性ホルモンを育毛剤だけで抑制できる育毛剤が発売されています。
また、育毛剤自体の費用もAGA治療費と比べて安く、なおかつ自分の好きな量だけ使用できることから、薄毛が広範囲でない方には1本の育毛剤で2,3月間利用できるメリットもあります。

 

>>自宅でできる薄毛、AGA対策について

page top