市販 育毛剤 効果

市販の育毛剤は効果があるのか?

リアップ

市販の育毛剤が効果があるかどうかについてですが、一般的にみて医薬品である「リアップ」以外は効果がないと考えていいでしょう。
ではリアップで必ず効果があるかというと、これも必ず効果があるともいいきれません。
どの育毛剤にしてもそうですが、育毛剤が効果があるないは、かなりの個人差があるからです。

 

リアップだけが効果があると言える根拠については、いわゆる2010年に発表された日本皮膚科学会による「男性型脱毛症診療ガイドライン」に記載があるとおり、(あくまで2010年の時点です)プロペシアなどのいわゆるフィナステロイドという薬かミノキシジルのみと断言されているからです。

 

気になる人は「2010年 日本皮膚科学会」と検索してみてください。
このミノキシジルが含まれているのは、市販の育毛剤ではリアップのみです。

 

そのほかの育毛剤は、効果はゼロではないけど、髪が生えることは医学的に証明されていないため髪が生える保証はありませんよということです。

 

そして、上記プロペシアはAGA治療に対応した病院で処方されますが、20歳未満には法律上処方はされませんし、ミノキシジルが含まれているリアップも一応「医薬品」扱いになるので、薬剤師のいるドラッグストアでないと購入できませんし、商品の裏面には未成年は使用してはダメとかいてあります。

 

一般的に市販で売られてる育毛剤を種類別に分けてみてみました。

 

育毛剤について

育毛剤には大きく分かれて3つの種類があります。

 

育毛剤

 

 

  1. 血行促進型
  2. 栄養補給型
  3. 男性ホルモン抑制型

 

 

 

 

  • 血行促進型はその名の通り、頭皮の血行を良くして髪の毛に栄養を送ろうとする作用があります。

    ※例)リアップ、薬用凌駕、ロゲイン、サクセスなど

 

  • 栄養補給系はいろんな髪に良い有効成分を育毛剤に多く含ませて、髪の毛根に栄養を与え太くしっかりとした髪にしようする作用がある育毛剤です。

    ※例)ナノインパクト、リアルラゾンDX、WAKAなど

 

  • 男性ホルモン抑制型は、プロペシアと同じ5αリダクターゼの抑制作用がある成分が含まれている育毛剤です。

    ※例)チャップアップ、ブブカ、薬用プランテル、RHIZOGAINなど

 

 

ここで必ず押さえておきたいのが男性型脱毛症(AGA)の場合、男性ホルモン抑制型の育毛剤を使わないと薄毛改善の効果は現れません。

 

一般的にドラッグストアで売っている育毛剤はほぼ、血行促進系か、栄養補給系しかありません。
そして、男性ホルモン抑制型は、ほぼ市販で販売しておらず、ほんの一部のAGA(男性型脱毛症)治療の病院か、ネットの通販でしか販売されていません。理由はわかりませんが、そもそも育毛剤を店頭で買う人が少ないのが理由の一つとして考えられます。

 

AGAを食い止めるには市販の育毛剤では難しそうです。
ですが、今はネットで大抵のものは購入できる時代です。

 

>>ネットでAGA対応の育毛剤を購入する方法について

 

page top